MOGE CHECK PLAZA

MOGECHECK PLAZA


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

MOGE CHECK

MOGE CHECK

 

住宅ローンの借り換えは実際しかない!

 

申込者が平均480万円得している「モゲチェック(MOGECHECK)」「日本銀行のマイナス利率方針」

 

ニュースで言語だけは聞いた事のある人は多々あるのではないのでしょうか。

 

景気が良くならないので中央銀行がちょっとずつ利率を下げ、

 

遂にはお金を借りる場合の利率がほぼゼロに!という様子になっています。

 

普通借りる利息が下がれば多くの会社が借入を起こして出資をするはず、

 

出資をしたら売上が上がり、景気も良くなっていくはずなのですが、

 

何故か私たちの暮らしは良くなりません。

 

そのような絶望的な状況ですが、高い住宅ローンの利息を決済続けている方にとっては

 

支出を減らす大チャンスなのです。

 

「モゲチェック」という実用的なサービスが生まれているので、有利な借り換えを行い、

 

浮いたお金で他にも繰上弁済や出資をすれば高いリターンを獲得できるかもしれません!

 

そのような重宝なサービスが「成功見返り10%のみ」で活用可能なという中身です。

 

下がり続ける住宅ローン利率この十数年間で住宅ローンの利息は劇的に低下してきました。

 

たくさんと要因はあるのですが、ひとことで言ってしまえば「銀行の財源調達費用が下がった」

 

事による成果です。

 

銀行の財源調達費用が下がった訳

 

何故銀行の元金調達必要経費が下がったのか?

 

それは、中央銀行が金融緩和を行った事により

 

(1)銀行間の短期借入利息が下がった、

 

(2)一通りの利率の基礎となる国債(国のローン)の利率が下がったからです。

 

住宅ローンの利息負担は「負の」運用。

 

余剰元金で繰上弁済を!

 

ハウス支援機構のフラット35で、10年前にで借りた人の利息は驚いたことに約3%でした。

 

つまり年間▲3%の「負の運用」を行っている事になります。

 

住宅ローン負債がある人は財産形成のために株式や債券への「出資」をするよりも、

 

できるな限り負の運用の費用を減らす事が先決という事です。

 

仮に出資が成功しても住宅ローンの利息負担が運用影響をトータルで打ち消してしまうのです。

 

「負の」運用!

 

住宅ローンの利息負担を減らすには利息は、借入金額×利率により計算されます。

 

つまり利率負担を減らすには、借入「費用」を減らす=繰上弁済をする借入「利率」を下げる=

 

より低い利率で借り換えるという2通りの攻め方があるのです。

 

借入金額を減らすには、積極的に繰上弁済をしよう仮になんらかの所以で余剰元金ができたケースは、

 

積極的に繰上弁済を行う事で資金額をできるな限り減らすようにしましょう。

 

元利金等弁済の時は入金期間が圧倒的に短くなりますし、

 

元手均等弁済の時は月々の負担額が大幅に下がるかもしれません。

 

金融組織によっては繰上弁済に補償金が課せられる確率もありますので、

 

借入先との契約をちゃんとと洗い直す事も大切です。

 

借入利率を下げるためには、借り換えを思い巡らすしよう金融組織は「金あまり」

 

の状況にあり、利鞘を稼げる貸出先を目を皿のようにして探しています。

 

個人への住宅ローンの貸し出しは会社への貸し出しよりも利鞘を稼ぎやすいのでどこの金融組織も、

 

「個人への貸し出しの奪い合い」になっているのです。

 

利率の低い金融機構の住宅ローンへと借り換えをしましょう。

 

イオン銀行やオンライン系の銀行が低利率で著名です。

 

財産を預ける時には相手の信用力をちゃんとと見定めする事は大事ですが、

 

借入先については純粋に利率で優劣をつけてしまっても良いと考えます。

 

借り換えの申込み手順を手っ取り早く!

 

FinTechベンチャー「モゲチェック」「住宅ローン 借り換え」にて

 

検索すると膨大な数の金融組織がズラリと並びます。

 

その中から自身で一つずつ見比べていくのは大いに非パフォーマンスです。

 

そんな訳で「借り換えの優劣」を一目で分かるような仕組み、

 

「借り換えるとどれほど良い面があるのか」という事がらの見える化によって、

 

借り換えの決断がしやすくなるツールを製作したFinTechベンチャーがいます。

 

その名も「モゲチェック」。

 

同社は、FinTechベンチャー登竜門であるFIBC(FinancialInnovationBusinessConference)にも

 

登壇しており、今後の動きから目が離せない有力会社です。

 

入金は成功インセンティブのみでOK!

 

住宅ローン借り換え代理サービスモゲチェックによれば、

 

住宅ローンを見直すべき人の要件は3つとの事です。

 

2000年〜2010年に借入現況の利息が1%以上フラット35を借りている3秒で見立てできるなので、

 

最初にフリー見立てをやってみましょう。

 

利率がリーズナブルになる値段を3秒でフリー見立て!

 

住宅ローンの残高、利息、期間を入力するだけで、

 

だいたいどれほど利率負担を軽くする事が可能なのかがわかります。

 

平均的な良いところの価格は1人あたり480万円

 

モゲチェックの住宅ローンの再検討実績2000件のうち、

 

平均的な良いところの額は驚いたことに480万円!

 

手数料は成功インセンティブ10%になるので、仮に480万円良い面があるとすると、

 

48万円分はモゲチェックの利益ですが、残り90%の432万はお客さんの利益として還元されるのです。

 

金融機構の申込み手順というのは、とにもかくにも骨が折れるです。

 

銀行の求める書類や書き方、印鑑など細かーく指導されながら申請をするのですが、

 

わずかでも不備があるとやり直し。

 

ごく控えめに申し上げてクソ煩わしいな申込み手順なのです。

 

そのような厄介な申込み手順を全部借り換え申込み手順を代理してもらっても

 

手数料を支払うのは成功したケースのみ、お金10%だけです。

 

例を挙げると弁護士総額他にの「成功お金」と対比してもかなり割安感がある数字だと考えます。

 

申込者がする作業もたったの2つのみ。

 

至れり尽くせりのサービスですね。

 

住宅ローン借り換えまでの道のりはこちら

 

先ほど申し上げた通り、有料アフターケアについては、借り換えによって長所があったプライスのうち

 

10%のみなので、手数料で実質申込者がマイナスになるような事ないのです。

 

初めにフリー所見から初めてみましょう。

 

住宅ローンの繰上弁済や借り換えによる利率減免は、「確実な」運用運用益が出るか

 

如何にかわからないのが出資の厄介なところですが、「負の運用の落着」は確実にリターン

 

(通例払うはずだった利率を払わずに済むという添加の影響)が得られるものなので

 

優先度を上げて取り組みましょう。

 

株や債券なんて買っている事例ではないのです。

 

筆者が気に掛かるところモゲチェックの借り換えアフターケアサービスは、

 

利息低下局面だからこそ成り立つ商売です。

 

反対に言えば、利率上昇局面にビジネス継続可能なの?という質問が湧いてきます。

 

今後1?2年のうちに借り換えが一巡した後の動きに注意していきたいと考えます。

 

各国中央銀行が金融緩和の出口を探りスタート出来ていますので、

 

借り換えをするのはまさしく「現在がチャンス」かもしれません。

 

整理一昔前までは住宅ローン利息は2%、3%が一般的でしたが、

 

今やオンライン銀行などでローンをすれば0%台で借入ができるなのです。

 

仮に5%以上の利率で借金をしている人は出資をとりかかる前に借り換えを吟味される事をお勧めします。

 

年間10%の運用を毎年継続可能なぞ、という事であれば話は別ですが…。

 

公式サイト住宅ローンの相談窓口「モゲチェック・プラザ」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR