MOGE CHECK PLAZA

MOGECHECK PLAZA


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック 住宅ローン

 モゲチェック 住宅ローン

 

住宅ローン借り換え支援のMFSが3.3億円調達、

 

BtoBtoC型サービス開始でユーザーリーチ拡大めざす

 

住宅ローンの借り換え支援サービス「モゲチェック」などを用意するMFSは

 

3月30日、YJキャピタルと金マン・サックスを引受先とする第三者割当増資を実施した。

 

調達総額は3億3000万円だ。

 

低利息が続く日本では、以前に組んだ住宅ローンを借り換える事で

 

予算的な長所を得られる事が多々ある。

 

MFSが供給するモゲチェックでは、ユーザーが11項目の質問に答えるだけで、

 

借り換えによる貯金的長所の総額と、融資を受けられる確率を判定する。

 

他にも、MFSは同じく11項目の質問に答える事でユーザーの信用度を

 

スコアリングして推定の融資できる額を表示するという、新規で住宅ローン借り入れる

 

ユーザーに向けた「モゲスコア」も供給している。

 

MFSはこれら2つのサービスをフリーで供給している。

 

マネタイズポイントは、その後に用意する申込み手順代理サービスだ。

 

融資が完了したケースのみ、住宅ローンの入金削減額の10%を

 

成功インセンティブとして受け取る。

 

MFSは現在までに3000件の借り換え話し合いを受け、うち約440件

 

ほどが成約しているという。

 

しかも、そのMFSが今度の元金調達とともに公表したのが、BtoBtoC型サービス

 

の「モゲチェックPLUS(以下、PLUS)」だ。

 

同サービスは不動産企業向けのサービスで、不動産法人は不動産を買い物しようと

 

している支出者のデータをPLUSに入力する事で、融資確率を判定し、

 

最適な住宅ローンを推薦する事が可能な。

 

その上、PLUS上で貸付金エントリーの申込み手順ができるで、ユーザーが

 

銀行に来店する不可欠がなくなる。

 

わずか腹積もりてみると、PLUSが用意する働きは今までサービスのモゲチェック、

 

モゲスコアと大差ない。

 

肝心なのは、現在までC向けにしか展開してこなかったサービス群を、

 

B向けにも展開する事を決心した点だ。

 

その訳として、MFS代表取締役の中山田明氏は、住宅ローンの借り換え

 

良いところをエンドユーザーに直接解説するのはとても難しかったと話す。

 

加えて、そもそもMFSはエンドユーザーとの接点として来店型の話し合い窓口を

 

展開していたが、これも現時点ではカスタマーセンターに折衝と申込み手順代理

 

の性能を集約し、今後は直接ショップを増やす予定はないという。

 

MFSと同じく住宅ローンの借り換え支援サービスを用意するWhatzMoneyは、

 

2016年6月に不動産企業向けのクレジット仲介サービスとして一足早く

 

BtoBtoC型サービスを供給開始した。

 

その事からも分かるように、住宅ローンの借り換え長所をエンドユーザーに

 

直接解説するのはとても持て余すようだ。

 

2009年に創業のMFSは、2015年9月にマネックスベンチャーズなどから9000万円を調達。

 

つづいて2016年6月には2億円を、2017年8月には2億5000万円を調達している。

 

今度のラウンドを含む累計の調達プライスは8億7000万円となる。

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

PR