MOGE CHECK PLAZA

MOGECHECK PLAZA


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

モゲチェック デメリット

モゲチェック デメリット

 

モゲチェック デメリットとなる点について

 

借り換えのデメリットとなるところは申込み手順が骨が折れることでしょう!

 

住宅ローンの借り換えに必要になる諸経費と住宅ローンの借り換え申込み手順です。

 

その上選び方もあります。

 

はじめから選び方を間違えると住宅ローンの借り換えの解釈が無くなってしまいます。

 

日本銀行のマイナス利率施策が行われた事によって、住宅ローンの貸出利率は、

 

「歴史上最低」と呼ばれる程、低い利率となっております。

 

このような事から、すでに住宅ローンの償還を行っている方は、現在、

 

住宅ローンの借り換えをする事で大きな「得」をする事が可能な見込みがあります。

 

住宅ローンの借り換えに特化した中身を解説する事で、実際抱えている多くの住宅ローンを

 

和らげることとパフォーマンス的な返金計画を立ててもらう事を目的としています。

 

簡単ではない紹介は省略し、大切なところのみわかりやすく網羅してあるため、

 

じっくりと熟読していただく事で、得をする借り換えテクニックが手に取るように分かるはずです。

 

如何にする?

 

貴女の住宅ローン借り換え良いところが少ない、あるいは全く良いところが

 

なくても借り換える事例、について紹介させていただきます。

 

目下、住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」をご使用いただき、

 

住宅ローン借り換えを行えるされる顧客の、平均住宅ローン借り換え良いところ

 

額は約500万円です。

 

けれども、そのような中において、住宅ローン借り換え良いところがわずか数十万円にもかかわらず、

 

借り換えを遂行されるユーザーもいます。

 

なぜ、そのようなクライアントは借り換えを遂行されるのか、3つの事例を取り上げて、

 

その要因を解説させていただきます。

 

直近で、住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」をご使用いただき、

 

借り換えを遂行されるクライアントの、平均借り換え良いところ額は約500万円です。

 

ただし、そのような中において、借り換え良いところがわずか数十万円にもかかわらず、

 

借り換えを遂行されるクライアントもいます。

 

なぜ、そのような顧客は借り換えを決行されるのか、3つの事例を取り上げて、

 

その訳を解説させていただきます。

 

3つの事例

 

事例1:利息を固定化する事例

 

Aさんは住宅ローン残高2000万円、償還期間12年、利率1.6%の移り変わり利息貸し出しを借りていましたが、

 

0.55%の10年固定特約利息の住宅ローンに借り換えました。

 

償還期間が短い事から利息が1%程度下がったにもかかわらず、住宅ローン借り換え良い面は

 

約15万円しかないのですでした。

 

けれども、残りの住宅ローン返金期間12年のうち10年間を0.55%という低利で固定化できましたので、

 

利率危険性をおおかたヘッジできた事になります。

 

償還額を多少なりとも減らして、かつ、利率危険性を排除する良い面ある借り換えの好場合です。

 

けれども、残りの償還期間12年のうち10年間を0.55%という低利で固定化できましたので、

 

利率危険性をおおかたヘッジできた事になります。

 

返金額を多少なりとも減らして、かつ、利率危険性を排除する借り換えの好場合です。

 

事例2:フラット35から借り換える事例

 

Bさんは住宅ローン残高1000万円、返金期間13年、利率2.5%のフラット35を借りていましたが、

 

期間を3年短縮して償還期間10年で0.5%の10年固定特約利息の貸し出しに借り換えました。

 

第8回の前回に解説したとおり、フラット35は団信料が高いため、2.5%の利息といっても団信料を含めると

 

実質的には2.86%の利息を払っているのと同等となります。

 

したがってこの方の時、利率が2.36%も下がった事になります。

 

住宅ローン残高が少なく、期間も短い事から借り換え良いところ額自体は100万円を下回っていましたが、

 

利息を大きく下げられるという点に良い面を感じた結果、住宅ローン借り換えに至りました。

 

したがってこの方のケース、利息が2.36%も下がった事になります。

 

残高が少なく、期間も短い事から借り換え良い面額自体は100万円を下回っていましたが、

 

利息を大きく下げられるという点にチャームポイントを感じた結果、借り換えに至りました。

 

事例3:特殊団信に入る時

 

Cさんは住宅ローン残高5000万円、償還期間23年、利率0.9%の移り変わり利率貸付金を借りていましたが、

 

0.65%の10年固定特約利息でかつ、3大疾病以外に病・怪我による15の状況や要世話ステータスで

 

住宅ローンの償還が丸々免除される特殊団信付きの住宅ローンに借り換えました。

 

移り変わり利率から10年固定特約に利率タイプを調整する事で、少なくとも10年間の利息危険性がヘッジされ、

 

加えて特殊団信に入る事で保険を大幅に強化しています。

 

利息差が大きくないため、住宅ローンの借り換え良い面はほぼなかった時ですが、

 

そこまでしても利息危険性のヘッジと保険の大幅改善により大きな良いところを得られたといえるでしょう。

 

上述の顧客は、元々住宅ローンの借り換え良いところを得る事を目的に話し合いにきました。

 

その中でコンサルティングを通じて、借り換え良いところ以外に借り換えの値打ちを見出した事例になります。

 

これら以外にも多様な要因で借り換えを行うユーザーは多くいらっしゃいます。

 

そもそも価格の多寡にかかわらず、わずかでも得をするなら住宅ローンは借り換えた方がいいといえます。

 

住宅ローン借り換えの短所は申込み手順が煩わしいであるという点のみ、

 

としても大げさではないため、住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」でも、

 

いかにクライアントに手間を取らせないか、という点を優先してサービスが構築されています。

 

利息差が大きくないため、借り換え良い面はほぼなかった時ですが、その一方で利息危険性のヘッジと

 

保険の大幅改善により大きな長所を得られたといえるでしょう。

 

上述の顧客は、元々借り換え良い面を得る事を目的に話し合いにきました。

 

その中でコンサルティングを通じて、借り換え長所以外に借り換えの値打ちを見出した事例になります。

 

これら以外にも色々な要因で借り換えを遂行するユーザーは多くいらっしゃいます。

 

そもそも費用の多寡にかかわらず、ちょっとでも得をするなら借り換えた方がいいといえます。

 

借り換えの悪いところは申込み手順が骨が折れるであるという点のみ、としても言い過ぎではないため、

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」でも、いかに顧客に手間を取らせないか、

 

という点を優先してサービスが構築されています。

 

公式サイト住宅ローンの相談窓口「モゲチェック・プラザ」

 

モゲチェック・プラザ


国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR