MOGE CHECK PLAZA

MOGECHECK PLAZA


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

モゲチェック 手数料

モゲチェック 手数料

 

手数料にメス

 

見えない負担

 

住宅ローン低い利息でも…諸経費に潜む落とし穴 

 

東京都の40代男性法人員は5年前、半年ごとに利率を見直す「変化型」で

 

年利0.775%の住宅ローンを借りた。

 

「もう下がらない」と腹積もりたが近頃、最初10年固定のタイプで0.45%という

 

驚くべき水準の利率が出て、飛びついた。

 

付随必要経費複雑 だが、直ちにカベにぶち当たった。

 

借換時に銀行に払う事務手数料だ。

 

残高に対し2%。

 

残高は約4500万円なのでざっと90万円。

 

これだけ払う心理的負担は重く、諸総額を足すと実質的な借り換え長所はほぼない。

 

結局、決めたのは「現況維持」だった。

 

完済手数料、事務手数料、サポート料、免許登録税、印紙代……。

 

マイナス利息による貸し出し利息低下の恩恵はおっしゃる通り大きいが、

 

使用者は表面利率だけ見ても損得がよく飲み込めない。

 

必須なのは付随経費を入れた「諸経費込みの総支払額」だ。

 

だが手数料は複雑で積算根拠はブラックボックス。

 

残額や返金期間も人各々でインターネットの対比Webページで読み解くのは至難の業だ。

 

こうした情報格差を埋めようという会社も出てきた。

 

例を挙げると住宅ローンのフィンテック会社、MFS(東京・千代田)だ。

 

「支払総額はウソをつかない」と話す中山田明最高経営責務者は

 

「モゲチェック」というサービスをスタート出来た。

 

1千本以上の住宅ローンから諸出費込みの総支払額で最適な借換先を提示する。

 

借り換えても諸出費で相殺され「良い面なし」となる人も少なくない。

 

銀行の戦略次第 利率を低く見せて手数料など諸総額で稼ぐか、

 

手数料を抑えて利息で稼ぐかは各銀行の営業戦略だ。

 

俗に表面利息に0.2%程度を上乗せする「サポート料」が無用とうたう一方、

 

同額相当の事務手数料がかかれば実質的な活用者負担は変わらない。

 

バックアップ料なら前倒し返金で部分が戻る例もあるが、還元率などもまちまち。

 

特別に理解いただけにくい商売をしているようにも映る。

 

超低利息下でも銀行が住宅ローンゲットに血道を上げるのは、住宅ローンの貸倒率が

 

0.2%前後と低いうえ、抵当権の設定で回収できない懸念が小さいからだ。

 

手数料などはマイナス利息下で“隠れ利益源”としての肝心性が増している。

 

ホームローンドクター(東京・中央)の淡河範明社長は

 

「利息低下で手数料のウエートは高まっている。

 

諸経費の実態を注意深いに見極めてくれ」と用心を促す。

 

抵当権設定登記を代理する司法書士へのインセンティブでも10万円ほど必要になる。

 

金融庁幹部も「手数料の透明性向上は出資アイテムに限定しない」と指摘。

 

マイナス利息で光が当たりやすくなった住宅ローン関連の手数料も「熟慮項目だ」と断言する。

 

必見!住宅ローンの一括償還をする事例に気に掛かる7つの着目点

 

住宅ローンの一括返金とは住宅ローンの一括償還とは、今現在の貸し出し残高代金をすべて返金して

 

ゼロにする事です。

 

良いところは貸し出し残高に対する利息負担がゼロになる事です。

 

ただし、一方で手持ち財源も少なくなるほか、諸々な悪いところが生じます。

 

そんな訳で、一括償還を吟味するケースに知っておかないと損をする6つの極意を解説します。

 

一括返金の3つの長所

 

1.未来支払う利息が0円になる最大限の良いところは、利息の入金がなくなる事ですね。

 

・退職金が入った

 

・定期預金が満期になった

 

・相続でお金が入った

 

・バーチャル通貨で儲かった

 

このような要因で、即時的に費用が手に入った貴方。

 

万が一お金の運用テクニックが決まっていない時は、住宅ローンで一括償還する事をイチ押しです。

 

利息の入金が0円になるのはかなり大きいですよ。

 

例を挙げると銀行口座にお金を預けても、雀の涙ほどのお金しか利子がはいりません。

 

■シュミレーション

 

・一時金:1000万円

 

・住宅ローン残高:1000万円

 

・住宅ローン利率:1.5%

 

・銀行預金利率:0.001%

 

A:15万円払って、100円の利子をもらう

 

B:15万円払わないが、100円の利子ももらえないAとBどっちがオトクかはわかりますよね?

 

あきらかにAですね。

 

けれども住宅ローンの利率以上のお金を稼げる運用技術があるなら、一括償還すると損ですね。

 

2.一括で支払ったサポート料の払戻しサポート料を一括で支払っていた時は、

 

貸し出し残高・期間に応じてサポート料が戻ってきます。

 

■シュミレーション

 

・借入額:2500万円

 

・返金期間:35年

 

・料率0.2%:約68万円

 

・料率0.4%:約134万円上述要件の事例からもわかるように、大きな費用です。

 

どれぐらい支払ったのかなぁと思い出してみてください。

 

無論実のところの払戻しとなると、控除される手数料などを詳細に計算したプライスになります。

 

他にも団体生命保険料・火事保険料を一括払いしており、

 

銀行負担でない時は、保険料が戻ってくる見込みがあります。

 

けれども火事保険は不可欠で、生命保険も心配無用のためには

 

参加した方がいいので良い面にはなりません。

 

3.償還の心理的負担から解放値段的な良いところではないですが、

 

償還が完了しているステータスは精神的に楽になります。

 

・病やケガで収入がへる・不動産時価の下落・変化利率の上昇・不足の事態

 

「何が起こるか納得出来ない。」と、気がかりな人ほど考えます。

 

住宅ローンの返金が完了していると、不本意ながら持ち家を売り渡しする、

 

差し押さえられるなどの心もとないがなくなります。

 

住宅ローン一括償還4つの短所

 

1.団体信用生命・火事保険の補償がなくなる団信住宅ローンを借りるケースに、

 

団体信用生命保険(団信)に参加します。

 

団信のおげで、事故や病で高度障害・死亡してしまったとしても、

 

貸し出し残高が保険金で支払われるんです。

 

それにより残された身内は、貸付金の入金義務がなくなる長所があります。

 

ただし一括返金すると、この団信保険の補償が受けられません。

 

それ故一括返をされる時は、生命保険などの熟慮をベストチョイスします。

 

住宅ローンで参加する団体生命保険は、「掛け捨て型」生命保険のアイテムのなかで、

 

保険料がナンバーワン割安で補償価格が多くて合理的な保険です。

 

他の生命保険に再参加するよりも得な保険ですが、それが活用できなくなります。

 

火事保険火事保険については多くの時で、満期を迎えると契約を継続する事はできません。

 

一括返金をした瞬間ではないので、間違えないでくだいさいね。

 

けれども契約期間をすぎる時に、一般的な火事保険加に参加する不可欠があります。

 

2.住宅ローン減税が受けれない住宅ローン減税とは、

 

10年間クレジット残高の1%が戻ってくる仕組みです。

 

仮に住宅ローン減税の期間中に一括償還すれば、決まりが活用できくなる短所があります。

 

万が一住宅ローン減税が適用されている期間であれば、減税期間が終わるまで

 

一括償還をしないという決断も必須です。

 

3.一括返金の手数料が現れて手数料のプライスは銀行によって異なりますが、

 

おおむね数万円が不可欠となります。

 

クレジット残高・期間が少ないケース、一括返金すると減少する利率負担額よりも、

 

銀行の手数料の方が高くなる確率もあります。

 

それにより、念のため対比思い巡らすは忘れずにしてください。

 

わずかな残高の時は売り渡し期限が迫っているなど、

 

スペシャルな要因がないかぎりは一括返金をする不可欠は避けた方がよいでしょう。

 

4.仮にの支出を思案すると心もとない「生涯なにが起こるか飲み込めない」そのような時も、

 

現金があればそんなにの事は応対できます。

 

つまり手元に現金があればあるほど、なにかあっても扱って可能なため、

 

未来の心もとないがすくないのです。

 

あと一括償還をした後に、車や改修で貸し出し組んだりするのも、結果的に損をします。

 

・住宅ローン利率<車や改装の利率なぜなら上述のように、

 

住宅ローンの利息の方が低いからです。

 

万が一手持ちの預金でまかなえないケースは、一括償還しないで住宅ローン利息を

 

支払った方がオトクです。

 

一括償還するべきかの参考に上述したように住宅ローンの一括償還には、

 

良いところと悪い面があります。

 

それにより一括返金をする事が正解か如何にかは、ケースバイケースです。

 

そんな訳で、大枠として一括償還をするべきかの決断の流れを整理ました。

 

予定外の支出や直近で必須なお金初めに直近で不可欠なお金、

 

トラブルがあった時に必須なお金を計算しましょう。

 

ここで計算したお金は、絶対のこしておきましょう。

 

一括財源の運用で得られる利益次はこの財産を仮に財産運用すれば、

 

得られる利子を理解しましょう。

 

「住宅ローン利率>財産運用利子」上述であれば一括返金、

 

もしくは繰り上げ償還をする方が、お金的長所があります。

 

住宅ローンに支払う利息償還をしなかった事例に、住宅ローン利息に

 

どんだけ支払うのかを計算しましょう。

 

残額が多々あるほど、支払期間が長い方ほど、利率の支払額が大きくなります。

 

そのケースには、一括返金をする予算的良い面が大きくなります。

 

反対に住宅ローン残高が少ない事例は、一括返金の手数料の方が

 

高くないか参考にしてください。

 

生命保険・火事保険料の代金と補償中身ここまできたら最後は、

 

生命保険・火事保険料のプライスと補償中身しましょう。

 

これらのSTEP1?4をふまえて一括返金をするべきか吟味してみてください。

 

一括償還の手数料はどんだけ一括償還のケースに不可欠な手数料は色々です。

 

・銀行・固定利率か変化利息おもにこの2つによって変わってきます。

 

ここでは何個かの金融機構を解説しましょう。

 

ARUHIはフラット35についてはフリーで、それ以外は5万円となっています。

 

さらに横浜銀行では、一定の手数料が必要になるようになっていますね。

 

銀行や借入頃合、契約中身によって手数料は異なるので、的確には

 

住宅ローンを借りている銀行に見定めする不可欠があります。

 

忘れちゃいけない!一括償還で必須な利率分一括償還するケースには、

 

今現在の貸付金残高に加えて、一括返金するまでの期間のクレジット残高に対する利率分も必須です。

 

一例を挙げれば、以下の前提シュミレーションあdと概算で3万円ほどになります。

 

■シュミレーション

 

・利息:1.5%

 

・クレジット残高:2000万円

 

・決済利率分:3万円※(2000万円×1.5%/12(1カ月分の金利分))

 

しかも、銀行によって詳細はことなるので、絶対見定めが必須です。

 

一括償還で戻ってくるバックアップ料はいくらか住宅ローンを借りていた事例に

 

一括で支払ったバックアップ料は以下の要件によって多様です。

 

・銀行・借入金額や期間・返金手段が元本or元利均等償還か住宅ローンを

 

借りたケースに支払うバックアップ料は、俗には30年、3000万円を元利均等償還で

 

借りるとサポート料は57万円程度です。

 

一括返金すると、このプライスの部分が払戻しされます。

 

概略のプライス心象は、30年の期間で借りた貸付金を5,6年で一括返金すると、

 

経過した期間は約2割なので8割近く戻ると考慮してしまいますが、

 

実のところは45%から55%前後です。

 

10年以上が経過するとその上大きく下がります。

 

さらに、一律で約1万円が払戻手数料として控除されます。

 

支払った費用にそれに対し戻ってくる代金の償還率は、あまり高くないですが、

 

一番目に払ったプライスが大きいのでバックアップ料の戻りは一括返金のチャームポイントの1つです。

 

住宅ローンの折衝は専門窓口がイチ押しARUHI(アルヒ)

 

初めに住宅ローン専門の金融機構のARUHI(アルヒ)です。

 

一括償還だけではなく、住宅ローンの借り換えも見定めしている方はどうぞ参考にしてみてください。

 

住宅ローン専門金融組織のARUHIは利息がすごく低いのでベストチョイス。

 

値段コムや全ての対比Webページでも利息の低さでは、トップクラスですね。

 

モゲチェックプラザ

 

SBI銀行グループのサービス、モゲチェックプラザです。

 

サービス中身は、エキスパートが貴女にどの住宅ローンアイテムがお薦めベストかを助言してくれます。

 

保険の窓口ではなく、住宅ローンの窓口ですね。

 

SBI銀行 

 

MR住宅ローン生々しいこちらもSBI銀行のサービスです。

 

SBIの住宅ローンアイテムの中から、貴方にあった最適な住宅ローンを助言してくれます。

 

TVCMなどで定番のホームズでも住宅ローンについて話し合いにのってくれます。

 

どうぞ一度参考にしてみてください。

 

整理住宅ローンの一括償還は、長所、悪いところを良く見定めして行わないと

 

得する事も損する事にもなる事について解説しました。

 

一括償還をする、しないの決断は、単純な価格計算だけではない心理的な問題や、

 

未来に現れてするかもしれないコストの見当や一括償還可能な大金の運用予想など

 

厄介な要素があります。

 

ここで解説した良い面と悪いところを各項目について、各々に注意深い

 

決断を行う事でベストな選択ができます。

 

公式サイト住宅ローンの相談窓口「モゲチェック・プラザ」

 

モゲチェック・プラザ


国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR